Loading...

 

私たちの仕事

イメージ

入出港作業

我々、新日本海洋社は、エスコートボートで航路の安全を守り、タグボートで入港や出港する船のお手伝いをしています。 どちらも赤いマストが私たちの船の特長です。

東京湾の入口にある浦賀水道・中ノ瀬航路は、幅が狭く多くの船舶が行き交うので、とても航行が難しい場所です。

そこでエスコートボートは大型船舶の進路を警戒する役目を引き受けて、衝突事故が起こらないように注意します。

港の手前で、タグボートの出番となります。ロープを繋ぎ、港まで曳航します。

タグボートはパイロット(水先案内人)と共同作業を行ないます。港内の海底地形、潮流に精通したパイロットが、本船に乗り込み船長に代わってタグボートに指示を出し本船を離着岸させます。

食品・衣料・資源の99%を海外からの輸入に頼っているわが国において港湾の果たす役割は大きく、船での輸出入は決してなくなることはありません。本船は大型化の傾向をつづけており、大型船の入出港を補助する港の作業船であるタグボートは非常に高い専門性、特殊性を持った公共性の高い事業といえます。

造船所作業

私たちのタグボートは、造船所内での修理船の移動、新造船の進水式などで、長年のノウハウを生かし大活躍しています。
造船所作業風景

海上防災作業

私たちのタグボートは、消防設備を備えています。通常の業務だけではなく、災害時の緊急時の出動にも対応します。
防災風景

海難救助作業

私たちのタグボートは、24時間365日海難事故に対応しています。事故による海洋汚染に対する装置も搭載しています。
海難救助シーン