Loading...
asukaasuka
hashihashi
orionorion
私たちはタグボート・エスコートボートを東京湾で展開する会社です。
kijyukijyu
crewcrew
365日24時間体制でお客様を最上の安全へと導いています。
tsubasatsubasa
captaincaptain
様々な船の離着岸、航行をサポートし、海上の安全を守り続けています。

 What's New

  • 2019.10.07  
    株式会社新日本海洋社披露パーティー開催   open   close
    •   2019年10月7日(月)、横浜を代表するホテルニューグランド「ペリー来航の間」にて、関係各社より多くのご来賓を賜り合併会社の披露パーティーを開催しました。

        開催にあたり、当社を代表して多々良幸尋代表取締役社長より「安全と環境保全をコアバリューに、より効率的で強靭な企業として客様の多様化するニーズにお応えできるよう精進します」と挨拶しました。

  • 2019.9.17  
    本店事務所ファクス番号訂正のお知らせ     open   close
    • 弊社本店は9月17日(火)より新事務所にて業務を開始いたしますが、先にお報せしました連絡先に一部訂正がございますので、お詫び申し上げますとともに下記ご案内いたします。

      <本  店 新住所>: 
      横浜市西区みなとみらい3丁目6-1 
      みなとみらいセンタービル 19階

      営 業 部:
       電話 045-212-4051   FAX 045-212-4057
      海 洋 部:
       電話 045-212-4054   FAX 045-210-9430
      船隊企画部:
       電話 045-212-4055   FAX 045-641-0964  
      海 務 部:
       電話 045-212-4052   FAX 045-641-0964  
      工 務 部:
       電話 045-212-4053   FAX 045-641-0964  
      経営企画部: 
      電話 045-212-4060   FAX 045-212-4061
      総 務 部:
       電話 045-212-4050   FAX 045-212-4061
      業務企画室: 
      電話 045-212-4056   FAX 045-212-4061
        ※番号訂正

      […PDFで表示…]

  • 2019.8.31  
    本店機能集約のお知らせ     open   close
    • この度、7月1日に「株式会社新日本海洋社」発足後、本店(横浜市西区)と本店分室(横浜市中区)に分かれておりました本店機能をみなとみらい地区の下記住所に集約し、移転開業致しますことご報告申し上げます。
      これを機に従業員一同さらに社業に専念する所存でございます。

      株式会社新日本海洋社
      代表取締役  多々良 幸尋

      <業務開始日>: 
      2019年9月17日(火)AM9:00〜
      所在地
       横浜市西区みなとみらい3丁目6-1
       みなとみらいセンタービル 19階
      各部署連絡先: 以下PDFを参照ください。
      (一部修正がございます)

      引続き関係先各位のご理解、ご支援を心よりお願い申し上げます。

      […PDFで表示…]

  • 2019.7.22  
    木更津市と「船舶等火災における消火等の協力に関する協定」を締結しました。   open   close
    • 予てより消防艇の整備を検討していた同市が、木更津港に常駐する我社のタグボート5隻に白羽の矢をたて、この度協定締結に至りました。

      これは、木更津港や沿岸での火災に対応するため結ばれたもので、民間企業と自治体の災害協定は国内において例がなく、強力な消火設備と流出油処理設備を搭載するタグボートで、いち早く出動して災害防止に努めたいと思います。 


  • 2019.8.8  
    「鎌倉」就航。   open   close
    • 2019年8月8日新造船「鎌倉」が就航しました。

      本船の特徴は従来船に比して船隊の小型化を図りつつも、大型と同じ大馬力エンジンを搭載し、 高い操船性能を実現しました。他僚船同様今後ともよろしくお引き立てくださいますようお願い申し上げます。

  • 2019.7.21  
    「うみ博2019」に「魁」「翼」で参加   open   close
    • 今年も横浜港で開催された「海洋都市横浜うみ博2019-見て、触れて、感じる 海と日本PROJECT」に参加させて頂きました。


      […特集ページへ…]

  • 2019.7.01  新たに株式会社新日本海洋社としてスタートいたしました。7月1日、株式会社新日本海洋社としてスタートいたしました。 open   close
    • 株式会社ウィングマリタイムサービスと海洋興業株式会社は7月1日に合併し、 新たに株式会社新日本海洋社(しんにっぽんかいようしゃ)としてスタートしました。 これまで以上にお客様のニーズに適確にお応えすべく、役員ならびに社員一同より一層精励いたしますので、 これからもかわらぬご愛顧をいただけますようお願い申し上げます。

      引続き関係先各位のご理解、ご支援を心よりお願い申し上げます。

      株式会社新日本海洋社 
      代表取締役社長 
      多々良 幸尋

  • 2019.5.15
    「魁」にて、瀬戸内・九州地区で初のLNGバンカリングを実施   open   close
    • 我社運航曳船「魁」(船主:日本郵船株式会社)は、2019年5月15日浅野地区岸壁(北九州市小倉北区)にてLNGバンカリングを行いました。

        本件は、九州電力株式会社、西部ガス株式会社、中国電力株式会社、日本郵船株式会社による“瀬戸内・九州地区における船舶向けLNG燃料供給事業の共同検討”プロジェクトの実証実験であり、日本郵船株式会社からの協力要請を受けて、京浜港常駐の「魁」を北九州港に回航させてLNGバンカリングを行いました。

        LNG燃料は、西部ガス株式会社のひびきLNG基地(北九州市若松区)からタンクローリーで出荷し、浅野地区岸壁に着岸中の「魁」に対し、Truck to Ship方式で供給しました。


  • 2019.4.23  
    海洋興業株式会社の合併に伴い、新会社の社名が決定いたしました     open   close
    • この度、株式会社ウィングマリタイムサービスと海洋興業株式会社は本年7月1日をもって合併することに伴い、新会社の社名を決定いたしましたのでお知らせ申し上げます。

      <新会社の概要>
      商号(和名): 株式会社 新日本海洋社(かぶしきがいしゃ しんにっぽんかいようしゃ)
        (英名): Shin-Nippon Kaiyosha
      所在地: 横浜市西区みなとみらい2丁目2-1 横浜ランドマークタワー 13階
      代表者: 多々良 幸尋
      主 : 日本郵船株式会社100%

      引続き関係先各位のご理解、ご支援を心よりお願い申し上げます。

      […PDFで表示…]

  • 2019.3.18  
    株式会社ウィングマリタイムサービスと海洋興業株式会社の合併のお知らせ   open   close
    • この度、株式会社ウィングマリタイムサービスと海洋興業株式会社は本年7月1日をもって合併することに合意致しましたので、お知らせ申し上げます。

      <新会社の概要>
      商号(和名): (未定)
        (英名): (未定)
      所在地: 横浜市西区みなとみらい2丁目2-1 横浜ランドマークタワー 13階
      代表者: 多々良 幸尋
      主 : 日本郵船株式会社100%

      今回の決定の背景には、両社を取り巻く海運業界、荷主業界の大きな環境変化、さらにはコンプライアンス遵守の徹底など企業に対する要求水準の高まりなどがあります。これらを踏まえると、両社はその経営資源を統合し、より強靭な企業へ進化する必要があるとの認識で一致したものです。

      今後、新社名の決定を含めスムーズな合併に向けて努力する所存でございますが、引き続き関係先各位のご理解、ご支援を心よりお願い申し上げます。

      […PDFで表示…]

  • 2019.2.7
    「颯(はやて)」就航。   open   close
    • 平成31年2月7日新造船「颯」が就航しました。

      本船の特徴は、操舵室後方の窓のサイズを大きくすることにより従来船より良好な後方視界を確保しているところです。 他僚船同様今後ともよろしくお引き立てくださいますようお願い申し上げます。

  • 2018.12.17 
    甲板員を募集中しています。   open   close
  • 2018.7.30
    「榛名」就航。   open   close
    • 主機関、低負荷時燃費向上のため、給気温度を最適にする新システムを取り入れた。

  • 2017.9.13
    「大安」就航。   open   close
    • 両舷ウィンチ、クラッチ部、船首舷門部、前方・後方視界を監視できる カメラ4台を新たに搭載し、ブリッジモニタ、監視室にて確認できるようにした。

  • 2017.6.7
    「大成」就航。   open   close
    • 錨鎖が従来のものと比較して、軽量で高い把駐力を持つアンカーを採用した。