Loading...

 

赤マストの歴史

イメージ

  • 50,60年代  open   close
    • 50,60年代

      1959年
      (昭和34年)
      株式会社日本海洋社は、横浜市で日本郵船株式会社と東京湾水先人組合(現東京湾水先区水先人会)の曳船運営会社である株式会社横浜海洋社との折半共同出資によって設立され、曳船4隻で営業を開始しました。
      • 浜丸浜丸 (95トン 500馬力) 可変ピッチ推進器
      • 金剛丸傭船 金剛丸 (235トン 1000馬力) 螺旋推進器 船主:日本郵船株式会社
      1961年
      (昭和36年1月)
      社船 富士丸(151トン 1,760馬力)の建造。煙突の代わりに鳥居型マストを採用し、その姿から「耳の冨士丸」の愛称で親しまれた。
      • イメージ2
      • 富士丸
      1961年
      (昭和36年12月)
      V.S.P.(フォイトシュナイダプロペラ)海洋丸(117トン 1,200馬力)の建造。ここからV.S.P.推進器の時代が幕をあけた。
      • 海洋丸海洋丸(117トン 1,200馬力)
      • VSP推進器V.S.P.推進器
      1962年
      (昭和37年)
      千葉出張所を開設
      • 千葉出張所
      • 千葉
      1968年
      (昭和43年)
      創業10周年を記念して「創業十年を迎えて」発行
      •  
      • 写真集10
      1969年
      (昭和44年)
      千葉出張所を千葉支店に格上げ。 桂丸(169トン 2,300馬力)を建造。ダックペラ式推進器装備船の東京湾内導入第一船となり、ダック・Zペラ時代の幕開けとなった。
      • ダック・Zペラダック・Zペラ(全旋回式推進装置)旋回の様子
      • 桂丸【ダック・Zペラ時代】 当時、全旋回式推進装置がダックペラ(石川島造船化工機)、Zペラ(新潟鉄工) という商品名で各メーカーから発売されました。
       
       
       
  • 70年代  open   close
    • 70年代

      1970年
      (昭和45年)
      社内報「赤マスト」発刊始まる。
      • 創刊号
      • 12号
      1972年
      (昭和47年)
      金剛丸(199トン 2,900馬力)を建造。 Zペラ式推進器装備船を初めて導入し、
      電動ロープリールから油圧トーイングウィンチへとロープ作業の大変革を試みる。
      • 赤マスト
      • 金剛丸金剛丸 (199トン 2,900馬力)
      1973年
      (昭和48年)
      大成丸(299トン 3,900馬力)を建造。 Zペラ式の3型曳船を初めて導入した。
      •  
      • 大成丸大成丸 (299トン 3,900馬力)
      1974年
      (昭和49年)
      大安丸(298トン 3,900馬力)を建造。
      嵌脱(カンダツ)クラッチから無段階スリップ制御のオメガクラッチへ。
      • 大安丸大安丸
        (298トン 3,900馬力)
      • オメガクラッチイラスト
      1975年
      (昭和50年)
      9月1日防災の日に、前年のタンカー火災事故での救出活動が認められ、「大安丸」「大成丸」両船に「船長外乗組員一同 殿」として、内閣総理大臣賞が贈られた。
      • 消火活動消火活動に従事する
        大安丸と大成丸
      • 盾
      1977年
      (昭和52年)
      エスコート事業を開始
      •  
      • おりおんエスコートボート おりおん
        (112トン 2,120馬力)
      1978年
      (昭和53年)
      伊豆高原寮開設
      •  
      • 伊豆高原寮開設
       
       
       
  • 80年代  open   close
    • 80年代

      1981年
      (昭和56年)
      創業20周年を記念して「創業二十年のあゆみ」発行
      •  
      • あゆみ
      1983年
      (昭和58年)
      神奈川丸(229トン 3,400馬力)建造。船首を従来より長くして作業の安全性を向上させた。
      •  
      • 神奈川丸神奈川丸
        (229トン 3,400馬力)
      1986年
      (昭和61年)
      東京海上火災保険 代理店業務開始
      •  
      • 東京海上火災保険代理店現在の東京海上日動火災です
      1988年
      (昭和63年)
      加賀丸(224トン 3,600馬力)建造。海洋社の船名「Kシリーズ」が始まる。
      後に「山シリーズ」(平成6年「穂高丸」~平成12年「武甲丸」)に続いた。
      •  
      • 加賀丸加賀丸
        (224トン 3,600馬力)
      1989年
      (平成元年)
      北野丸(225トン 3,600馬力)建造。
      一目瞭然のデイライトレーダーにタグナビを組み合わせ、ハイテク装備化を進めた次世代曳船の模索が始まる。

      創業30周年記念就航船写真集「赤マスト30年」発行
      • レーダーハイテク化が一層進む
        デイライトレーダー
      • 赤マスト30年「赤マスト30年」発行
       
       
       
  • 90年代  open   close
    • 90年代

      1991年
      (平成3年)
      熊野丸(164トン 3,100馬力)建造。GPSを搭載し、その後全船にGPSを導入した。
      • 熊野丸熊野丸
        (164トン 3,100馬力)
      • 熊野丸2熊野丸の進水式
      1993年
      (平成5年)
      金剛丸(166トン 3,100馬力)建造。船員の部屋が個室化される。
      • 金剛丸歴代今回建造した金剛丸は、4代目となる
      • 金剛丸金剛丸
        (166トン 3,100馬力)
      1994年
      (平成6年)
      大安丸(224トン 3,600馬力)建造。カラー潮流計の導入。
      • 大安丸大安丸
        (224トン 3,600馬力)
      • 大安丸2
       
       
       
  • 2000年代  open   close
    • 2000年代

      2001年
      (平成13年)
      本店事務所移転。
      海岸通りの郵船ビルから山下町へ。
      • 郵船ビル創立以来、拠点としてきた郵船ビル
      • ファンケルビル2010年まで拠点にしていたファンケルビル
      2002年
      (平成14年)
      「タグボート運航管理システム」を開発。
      全船に「船陸間通信制御装置」を搭載。陸上にはTug Serverを設置し、海陸間でデータの蓄積、Eメールの利用、事務連絡の電子化などが可能となった。
      • 運行管理システム
      • モニター
      2003年
      (平成15年)
      大安丸、永代丸就航。
      10月に「大安丸」が就航。我社設立以来の最大馬力の大型曳船として登場した。地球環境を考慮したIMOの排ガス規定に合致する主機と、クラッチ(オメガ付)を推進器に組み込んで一体化した高性能な大口径のプロペラの推進装置を採用した。
      続いて12月に「永代丸」が就航。環境問題に配慮し、“省エネ”にこだわって建造された曳船。鎌倉丸に続き、ヤンマーレックスペラを採用。
      • 大安丸2「大安丸」の進水式
        (平成15年 227トン)
      • 永代丸「永代丸」
        (平成15年 169トン)
      2004年
      (平成16年)
      大成丸、野島丸就航。
      高出力曳船。最新の監視装置(Active-Cat)を採用して、センサーの異常検出や燃料消費量の計算を容易にした。航海計器はGPSを利用した高精度方位センサーのサテライトコンパスを、ジャイロコンパスに換えて採用し信頼性の向上を図るとともに、上部旅客室にてレーダー映像をモニタ画面にて常時受像可能とし、進行方向・船速と真風向・真風速の情報を確認可能とした
      • 大成丸「大成丸」
        (平成16年 228トン 4,000馬力)
        (平成15年 227トン)
      • 野島丸「野島丸」
        (平成16年 166トン 3,600馬力)
      2005年
      (平成17年)
      金剛丸就航。
      伝統的な設備・機能を継承しながら効率よく曳航力を発揮できるよう船型を大きくし、船首作業台をフラットにした、新しい船型の登場。
      •  
      • 金剛丸「金剛丸」
        (平成17年 185トン 3,600馬力)
      2008年
      (平成20年)
      大安丸、大成丸のエスコート免許取得。
      3・4種消防設備の設置を行い、エコート業務にも従事可能な当社初のマルチ曳船として、大安丸(2月26日)・大成丸(4月16日)の2船がエスコート資格を取得した。
      • 大成丸「大成丸」
        (平成16年 228トン 4,000馬力)
      • 大安丸「大安丸」
        (平成16年 166トン 3,600馬力)
       
      北野丸就航。
      3・4種の消防設備を搭載した大型曳船として、ブリッジ等の上部構造物を変更して居住区に船窓を付けた静音性高い新型曳船の登場。
      •  
      • 北野丸「北野丸」
        (平成16年 228トン 4,000馬力)
      2009年
      (平成21年)
      社名変更。
      当社は平成21年1月1日付で、会社法に定める吸収分割の方法により宝洋海運産業株式会社の一部と株式会社日本海洋社とが統合し、 商号を株式会社 ウィングマリタイムサービスと変更した。両社ともこの年、会社設立50年を迎え新たな出帆となった。
      • ロゴ
      • 港南丸「港南丸」
        (平成19年 182トン 3,600馬力)
       
      「衣笠丸」就航。
      北野丸の姉妹船。AIS(船舶自動識別装置FA-150)を採用して作業の確実性を向上させた。
      • 衣笠丸「衣笠丸」
        (平成21年 252トン)
      • 北野丸
       
      唐津丸就航。
      北野・衣笠の姉妹船。その2船と比べよりシャープに美しい船型となった。
      我社にゆかりの深い「唐津」の地名を冠した
      • 唐津丸2「唐津丸」
        (平成21年 251トン)
      • 唐津丸
       
       
       
  • 2010年代  open   close
    • 2010年代

      2010年
      (平成22年)
      創立50周年を迎え、記念パーティー、社史を発刊
      • 創立50周年記念パーティー2月1日 創立50周年記念パーティー  
        於:ホテルニューグランド
      • 社史「50年を迎えて」社史「50年を迎えて」 発刊
       
      曳航サービス、エスコートサービスに於けるISO9001,14001の認証取得。
      •  
      • 加賀丸
       
      宝洋海運産業(株)との完全統合。

      加賀丸就航。
      乗組員の省力化と作業能率向上のため船首にロープリーダ(ビット内蔵型曳索繰出機)を装備した。
      • 加賀丸
      • 加賀丸2
       
      「おりおん」就航
      先に就航した「すばる」「ぽらりす」に改良を加えた姉妹船。操舵室を上方に上げて良好な視界を確保した。
      • おりおん「おりおん」
        (平成22年 64トン)
      • おりおん2
       
      「鞍馬丸」就航
      「加賀丸」の姉妹船として、第3・4種の消防設備を搭載した大型曳船。 環境にやさしい甲板機械や汚水処理装置を装備し、通路灯にはLEDを採用した。
      • 鞍馬丸「鞍馬丸」
        (平成22年 251トン)
      • 鞍馬丸進水式
       
      平成22年11月29日 本店事務所移転。
      横浜ランドマークタワー13階へ移転。
      •  
      • ランドマーク
      2011年
      (平成23年)
      京都丸就航。
      3・4種の消防設備を搭載した大型曳船で、振動が少ない静音性の高い新造曳船になった。
      •  
      • 京都丸「京都丸」
        (平成23年 250トン)
       
      エスコート船「れお」就航。
      •  
      • れお 「れお」
        (平成23年 65トン)
       
      片瀬丸就航。
      ジプシーホイールのバックテンション機能を導入し、錨鎖長さの表示を可能にして投揚錨作業の確実化を図った
      •  
      • 片瀬丸 「片瀬丸」
        (平成23年 251トン)
       
      黒部丸就航。
      航行区域を沿海とし、航海計器に航海当直警報装置(BNWAS)を装備した。黒部丸の模型が京浜ドック㈱より寄贈された。
      • 黒部丸
      • 黒部丸模型
      2012年
      (平成24年)
      熊野丸就航。
      3・4種の消防設備を搭載した大型曳船で、振動が少ない静音性の高い新造曳船になった。
      •  
      • 熊野丸「熊野丸」
        (平成24年 251トン)
       
      神奈川丸就航。
      甲板機械に新方式のクローズドクロークラッチを採用。
      船員の作業の安全確保及びグリースを密封することによって雨水等での海面への流出を防ぐことに成功した。
      •  
      • 神奈川丸「神奈川丸」
        (平成24年 251トン)
       
      タグボートシミュレーター導入。
      2012年5月、操船訓練を効果的に行うため(株)三井造船昭島研究所との共同開発によりタグボートシミュレータシステムを本店に設置した。 離着桟作業からエスコートまで、一般の船舶とは運動性能や運用方法が大きく異なるタグボートの特性をリアルに再現し、船員教育の充実を図った。
      •  
      • シミュレーター
       
      吉野丸就航。
      2型船で初のエスコート資格取得船。
      進路警戒可能な船足を考慮した振動の少ない凌波性能に優れた船型となっている。
      従来の浄水器に変えて、トリハロメタン・セシウム等が除去可能で、医王石のミネラル分を溶出する浄水器を設置した。
      •  
      • 吉野丸 「吉野丸」
        (平成24年 190トン)
       
      山形丸 就航
      吉野丸と同形の中型エスコート資格船。バルバスバウ(球状船首)を始めとする船型の変更により造波抵抗が減少し、進路警戒可能な船足を実現した。
      •  
      • 山形丸 「山形丸」
        (平成24年 190トン)
      2013年
      (平成25年)
      環境配慮型タグボート(エコタグ) 「翼」就航。
      タグボートでは国内初となるハイブリッドシステムを搭載。従来のディーゼルエンジンに加えモーターと高性能バッテリーを用いた推進システムを採用し、排出する二酸化炭素(CO2)量の約20%削減を目指す。 甲板機械にはロープリールとロープリーダーの連動繰出装置を採用した。
      総トン数:256トン 3種消防 沿海(限定)
      馬力:ニイガタ(2000馬力×2基),
      モータージェネレーター(200馬力×2基)
      速力:15.0ノット
      曳航力:前進55トン 後進52トン
      就航年月日:平成25年3月15日
      •  
      • 翼
       
      エコタグプロジェクト
       
      エコタグの開発・建造は、日本郵船グループと新潟原動機株式会社の共同プロジェクトであり、運航船舶および港湾設備の環境負荷低減の取り組みに貢献するものとして開始されました。
      主要メンバーは日本郵船株式会社、新潟原動機株式会社、京浜ドック株式会社および当社からなり、新潟原動機株式会社へは一般財団法人日本海事協会が研究開発支援を行いました。
      今後はエコタグの実船運用における性能を評価するためにデータの収集・分析など様々な検証作業を行う予定です。
      •  
      • エコタグ
       
      大安就航。
      約40年前にオメガクラッチを初めて導入した初代「大安丸」以来、我社のフラグシップとして長年にわたり継承してきた船名。“丸”をとり新生「大安」とした。
      •  
      • 大安丸 「大安」
        (平成25年 191トン)
      2015年
      (平成27年)
      「白馬」就航。
      ILOの船舶設備規定に対応した居室スペースを確保した。
      •  
      • 白馬「白馬」
        (平成27年 192トン)
       
      国内初のLNG 燃料タグボート「魁」就航。
      重油とLNG を燃料として使用可能なデュアルフューエルエンジンを搭載。ハイブリッド・タグボート「翼」に続く、2 隻目の環境配慮型タグボートの投入となった。
      •  
      • 魁 「魁」
        (平成27年 272トン)
      2016年
      (平成28年)
      「浅間」就航。
      船首甲板機械のロープリーダーに改良を加え、ロープの繰り出しに直進性をもたせることで従来よりも摩耗の軽減を図った。船首プッシングポイントを下げ、低い乾舷の船にも対応できるようにした。
      •  
      • 浅間「浅間」
        (平成28年 192トン)
       
      「穂高」就航
      「浅間」の姉妹船。振動が少なく静音性の高い中型港内曳船。
      •  
      • 穂高 「穂高」
        (平成28年 192トン)
       
      「野島」就航
      浅間、穂高同様、燃費性能に優れた中型港内曳船
      •  
      • 野島 「野島」
        (平成28年 192トン)
      2017年
      (平成29年)
      「大成」就航。
      錨鎖が従来のものと比較して、軽量で高い把駐力を持つアンカーを採用した。
      •  
      • 大成 「大成」
        (平成29年 256トン)
       
      「大安」就航
      両舷ウィンチ、クラッチ部、船首舷門部、前方・後方視界を監視できる カメラ4台を新たに搭載し、ブリッジモニタ、監視室にて確認できるようにした。
      •  
      • 大安「大安」
        (平成29年 256トン)
      2018年
      (平成30年)
      「榛名」就航。
      主機関、低負荷時燃費向上のため、給気温度を最適にする新システムを取り入れた。
      •  
      • 榛名「榛名」
        (平成30年 256トン)
      2019年
      (平成31年)
      「颯」就航。
      操舵室後方の窓のサイズを大きくすることにより、従来船より良好な後方視界を確保した。
      •  
      • 颯「颯」
        (平成31年 256トン)
       
      7月 海洋興業(株)と合併し、社名変更
      合併に伴い、フリートはタグボート27隻、エスコートボート3隻、小型曳船2隻、ラインボート4隻となった。これにより造船所作業、起重機船業、内航運送業へもフィールドが広がった。
      •  
      • ロゴ
       
      「鎌倉」就航。
      従来船に比して船隊の小型化を図りつつも、大型と同じ大馬力エンジンを搭載し、高い操船性能を実現した。
      •  
      • 鎌倉「鎌倉」
        (平成31年 194トン)